芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic Substitution

反応結果

ニトロジクロロベンゼンの求核置換反応

実験方法詳細

① 3,4-ジクロロ-1-ニトロベンゼン(0.65 M)とDBU(0.98 M)のDMA溶液を調製し、A液とした。

② 4-メトキシフェノール(0.78 M)のDMA溶液を調製し、B液とした。

③ A液とB液をそれぞれ3.0 mL/minでマイクロ波照射装置(100W機)に送液し(トータル6.0 mL/min)、マイクロ波を照射した(70W, 2.0 MPa)。

④ 反応温度が安定したのを確認したのち、反応液を1分間採取した。

⑤ 採取した反応液を濃縮し、残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィで精製し、生成物を0.94 g得た(87%)。

実験結果提供:静岡県立大学 江上寛通先生、赤井周司先生、濱島義隆先生

 反応例一覧に戻る