VERSECオーナー様の声
VERSEC製造ストーリー

※印刷or配布用のPDF資料をご用意しております。ダウンロードフォームよりダウンロードをお願いいたします。

VERSECオーナー様の声 No.5 ~User’s Voice No.5~

東京都町田市 航空宇宙機器製造会社様
1台目:2018年12月設置 2台目:2021年10月設置
[インタビュー] 2021年10月

お客様の声05
お客様の声05

現在でも汎用旋盤は必要不可欠な機械として多くの台数を設備しています。なぜなら、汎用旋盤でないと加工できないワークや少量異形形状または2次加工など汎用旋盤が適しているワークが数多く存在するからです。

その中でVERSECには扱いやすさ仕上げ加工の良さサービス対応という3つの特徴に満足しています。

・扱いやすさ
金属加工業界において汎用旋盤の熟練作業者は減ってきている中で、旋盤作業者を育成するという視点でみると、VERSECはその扱いやすさからだれでも比較的短期間に習得できるところがいいですね。

・仕上げ加工の良さ
主軸が3000rpmという高速まで回転するにも関わらず、振動が少ないため、特に細い径の仕上げ加工時に性能を実感しています。

・サービス対応
(サイダ・UMSの)社員の方の旋盤(製品)に対する知識の高さアフターメンテ・サービス対応の良さから安心して2台目の設備を増やすことができました。

VERSECオーナー様の声 No.4 ~User’s Voice No.4~

静岡県駿東郡長泉町 産業用機械装置の精密部品製作会社様
2021年7月設置 [インタビュー] 2021年9月

お客様の声04
お客様の声04

小径かつ複雑形状の加工には最適だね。小径加工では条件をしっかり合わせないときれいに削れない。VERSECは切削条件を変える際にいちいち主軸を止めなくてもいいというのがいいね。主軸を止めるのも時間がかかるからワークによっては(従来旋盤の)半分以下の時間で加工できる。

・解説
小径加工ではより繊細な切削条件設定が必要であり、必然的に条件変更の回数が多くなります。従来の旋盤では駆動を切って足踏みで止めるのに時間がかかってしまいます。一方、VERSECでは主軸を止める必要がないため最適条件を短時間で見つけることができます。加工時間ではなく、止める時間(回数)が短縮できるという見方は新しい着眼点ですね。

通常の汎用旋盤よりも床からチャック芯までが高いので腰を曲げなくてもいい。VERSECを使った後に既存の旋盤を使うと、腰の負担の違いがよくわかる。さらに、小径加工をやるのに目線が近いのもいいね

パワーよりも精密さが売りだと聞いていたけど、パワー不足を感じたことはないね。既存の旋盤からすればパワーはないけど、始めから2台の使い分けで、VERSECは小径に特化して使用するつもりで導入しているから問題ないよ。

VERSECオーナー様の声 No.3 ~User’s Voice No.3~

新潟県三条市 三条市立大学様 ものづくりシアター
2021年3月 9台設置 [インタビュー] 2021年4月

お客様の声03
お客様の声03
お客様の声03

・VERSECはカッコイイ
新しいデザインの旋盤であることがとても重要なことだと考えます。我々の目指す未来の技術を担う人材を育成するためには、まず若い子たちがその技術に興味を持ってもらうということが大切です。そしてひとたび興味のスイッチが入れば、とてつもない集中力と創造力を発揮できる力を持っています。だからこそ、その第一歩を踏み出すために、若い子たちがさわってみたくなるような機械であることが重要なことなのです。そこにVERSECも1つの責任を担っているわけです。

・オープンファクトリー
ものづくりシアターをガラス張りにしているのも、オープンファクトリーのように多くの人に見てもらいたいという想いからです。多くの若い子たち(小中高生)に見てもらいたいですね。

・コメント
 三条市立大学様では実機を見学していただくことが可能です。実機をご覧になりたいお客様はお気軽に当社までお問い合わせください!
 今回は導入直後にお話をお伺いしました。これから学生の皆様にお使いいただく中でどのような印象を持ってもらえるのか、次回お伺いするのがとても楽しみです。

※三条市立大学様HP:https://www.sanjo-u.ac.jp/
 アハメド シャハリアル 学長

VERSECオーナー様の声 No.2 ~User’s Voice No.2~

東京都墨田区 合成ゴム・合成樹脂パッキンの製造及び販売会社様
2019年3月設置 [インタビュー] 2021年10月

お客様の声02
お客様の声02

主に樹脂製品の加工に使用するので高速回転主軸の旋盤を探していた。昌運(カズヌーブ)旋盤からの入替えのため、主軸が3000rpmの高速回転に対応し無段変速できるVERSECを候補としていた。

実機見学では加工中に変速することで加工条件を簡単に変えられる作業性の良さや安全性の高さが確認できた。また、工場の二階に搬入するため、他メーカの6尺旋盤に比べてコンパクトで比較的軽量なVERSECを導入することにした。

実際に使用してみると振動や騒音も少なく、高速回転でも安心して使用できている。また、シンプルな設計で安全性も考慮されており使い易い。

従来の旋盤ではブレーキを踏みながら主軸を固定した状態で加工する作業があった。VERSECにはオプションで主軸を割出固定する機能があり、現場から使ってみたいという要望もありオプションを追加している。主軸固定のオプションも想定どおりに作業でき便利に使っている。

主軸インデックスロック
【OP:主軸インデックスロック】

VERSECオーナー様の声 No.1 ~User’s Voice No.1~

静岡県浜松市 精密プレス加工・金型製作会社様
2016年6月設置 [インタビュー] 2017年11月

お客様の声01

実際に見てみるまでは、これまでの汎用旋盤と差があるとは思わなかったが、見てみると「なるほどね」と良さがわかった。デザインが従来品よりスッキリしていたので、「強度は大丈夫か?」など、様々な不安があったが、実物を見てみると不安は払拭できた。

自社の金型に用いている、HRC62などの高度が高い素材の加工も問題なくおこなえる。

VERSEC-neoであれば、無段階変速で作業効率が良く、高回転域があるため、仕上げ加工まで可能であることから、作業時間が短縮できている。感覚ではあるが、従来の汎用旋盤よりは、概ね1日作業で3時間程度早くなっていると思われる。(約38%の工数削減)

従来の旋盤では主軸回転数を変える際に機械を止め、切削再開時に刃具が割れることがあったが、無段階変速によって機械を止めることがなくなり刃具コストが減少。

親ネジ・送り棹が露出していないことにより、メンテナンスの負担が軽減した。

当社ではVERSECは、ほぼ毎日使用している。金型関連で2/3、試作関連で1/3を使用している。試作は精度が必要であり、かつ加工の幅は広いので、低~高回転域の無段階変速があるVERSECは使い勝手がよい。

VERSECトップページへ